体積で選んだ昼飯の菓子パン

昔の記事

お疲れ様です。
今日も仕事でやらかしたむのーのむのです。

今日のお昼ご飯はこちらです。

これは、高校生の時に「貧乏パン」と呼ばれていました。
別に悪意が込められていた訳ではなく、「安くてうまい」の代表格でした。
友人とも簡単にシェアできますし!!

その時から大分時間が経ちますが、
同じものを食べていると考えると、不思議な気持ちになります。

寧ろ食生活においては、昔より劣っています。
最近は手作りおにぎりばかりなので・・・。
今日は時間が無かったので、パンを買いました。

今の自分には殆どお金がありません。
1ヵ月1万円の食費を目指しているので、
お昼ご飯に使えるお金は100円くらいです。

買うとしたらカップ麺かパン1個ですね。
勿論、そんなんじゃお腹いっぱいになりません。

なので、出来るだけお腹が膨れるようにパンは体積で選びます。
高校生の頃とおなじ貧乏パンを食べているはずなのに、
その頃食べていた貧乏パンの方がおしかったなぁ・・・。

やっぱり、昔の方が量も質も良かったな?
それとも気持ちの問題なのかな?

とりあえず、今日はおにぎりをもって出勤できそうです。
少しずつ頑張ろうと思います。

昔の記事
スポンサーリンク
フォローはこちら☛
無能の生き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました