自己紹介

自己紹介

まともな自己紹介記事作ってなかったので、作り直したよ・・・。

 

1.僕という人間について

年齢:アラサー
性別:男
性格:ギャンブルに弱いカイジ

 

もう書くことがねぇ・・・。

 

 

2.これまでの人生

僕は大学を卒業後、ニートとフリーターを反復横跳び。
正社員としての仕事も何度か挑戦したが、1年続いたものはない。
働いてある程度お金を貯めたら、ニート生活やギャンブルでお金を消費していた。

 

勿論、このままじゃ駄目だと思った。
「週5でしっかり働く正社員になろう!」と何度も考えた。

 

しかし、どの仕事も続かなかった。

 

正社員や非正規雇用を含め、どれも続かなかったのだ。
学生の頃を思い返せば、そもそも学校も週5でいけてなかった。

 

高校も出席日数が足りず補講授業を行ってもらい、
大学も出席日数が足りず病院に診断書をもらい、
どちらも誤魔化しながら卒業した感じ。

 

そんな人間がそもそも週5で働けるのか・・・?
一時期的に出来たとしても、10年、20年、働き続けることは難しいと思う。

 

これまでの人生の総括→働くことにすこぶる向いてない!!!

 

 

3.これからの人生と今

世の中は、週5で働くことを当たり前としている。
そして成人した人間は、週5で働くことを仮定とした世の中が作られている。

 

残念ながら、僕はその輪に入れそうにない。
仮に入れたとしても、うまく生活を組み立てることが出来ない。

 

恐らく、週5できっちり働くことは僕にとって不幸な事だろう。
「週5で働かなければ生きることが出来ない」のだとしたら、
僕は「不幸な状態でしか生きることが出来ない」ということになる。

 

世の中の底辺層の多くが「正社員」という肩書を求めている。
しかし、「正社員」ってそんな魅力的なものなのだろうか?
確かに「安定」という観点では、無職とは段違いだ。

 

しかし週5で働くスペックがないからこそ、今の自分があるのではないのか。
仮に正社員になれたとして、週5で笑顔で毎日働けるのか?
そんな疑問が浮かんでしまう。

 

少し話が脱線した。
つまり何が言いたいかというと・・・

 

「働ける能力のない人間が、働いても幸せにはならない。」

 

「働かざる者食うべからず」という言葉があるが、
この風潮は現代においてもまだ根強く残り、
働いていない人間には人権がないような言い草だ。

 

しかし僕のような社会不適合者にとっては、
「働かないで生きる道」こそが最も幸せになる方法だと思う。
決して、無理やり働くことが全てではない。

 

とは言え、無一文で生活することは現時点で不可能。
だから今は働いている。
働いて、お金を貯めている。

 

とりあえずの目標は100万円。
100万円貯まったら、仕事を辞める。

100万円じゃ出来ることは限られている・・・。
それも分かっている。

 

ただ僕のスペックであれば1000万円貯めるとしたら、
もうアラサーではなくアラフォーになってしまう。
しかも身体も持たないだろう・・・・。

 

だから、とりあえず100万円でいいかなって・・・。
ということで、始めたのがこちら。

仕事を辞めるまで残り92日
2020年11月2日から、仕事を辞めるまでのカウントダウンをしています。 ちなみに契約社員です。(最初は派遣社員でした。) 仕事を辞めるまでは、このカテゴリー...

 

こんな流れで今は我慢して働いており、
会社を辞めるまで何日カウントをしている・・・。

 

 

3.ここ1年の出来事

ブログをかなり削除してしまったので、流れだけこっちに書いたよ。

仕事を辞めるまで後87日 ここ最近の1年間を振り返る
中々ブログを書くのが癖にならない・・・。 毎日書こうとしているのですが、中々難しいですね。 一応、今週は月曜日~金曜日までちゃんと会社に行きまし...

 

 

5. 2021年4月12日 追伸

無事、100万円を貯めて退職することが出来ました。

 

貯めた100万円がなくなるまでニートしますることにしました。
その100万円のカウントダウンがこちら。

100万円ニート生活
「100万円ニート生活」の記事一覧です。

 

最近はYoutubeに動画を週1で投稿しています・・・。

Youtube動画製作日記
「Youtube動画製作日記」の記事一覧です。

 

自己紹介
スポンサーリンク
フォローはこちら☛
無能の生き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました