仕事辞めるまで後42日 ぬるま湯の地獄。

仕事辞めるまで残り92日

 

毎日Twitterやブログで、
「仕事を辞めたい」とか「仕事が辛い」とか、そんなことを呟いている。

 

でも実際は、今の仕事はマシな方なんだ。

 

僕には短期バイトを除いて、週5で働いたことが2回ある。

 

1回目は大学卒業後、新卒で入ったIT会社。
所謂プログラマーってやつ。
9ヵ月で辞めた。
仕事が全然出来なかった。
納期にいつも間に合わなかった。
残業も多かった。
家に帰って勉強もしなきゃダメだった。
まずコードを解読するのにも時間が掛かった。
その後で、自分でプログラムをかくのにも時間が掛かった。
いつも分からないことばかりで泣きそうだった。
電車に普通に飛び込みたくなる時もあった。
だから仕事を辞めた。

 

2回目は営業。
訪問営業をやっていた。
3ヵ月で辞めた。
客に「死ね」とか「殺す」とか普通に言われた。
実際に、ナイフ突きつけられたこともあった。
「仕事」という大義名分があっても、きつかった。
しかも成績が悪かった。
先輩はいつも優しかった。
でも、営業は契約を取らないと存在する意味がない。
プレッシャーも大きかった。
そして、おねしょするようになった。
だから仕事を辞めた。

 

3回目が今の仕事。
正社員じゃないけど、1年続いている。
別に電車に飛び込みたくもならない。
おねしょもしてない。
だから仕事は続いている。

 

正直、今の仕事で不条理なことは沢山ある。
言いたいこともいっぱいある。
でも仕事ってそんなもんだろう?

 

多分、僕に対しても色々と思う事があるだろう。
僕も色々とやらかしているしね・・・。
でも同期や上司は優しくて、あまり怒られていない。

 

一度バックレたりとか、休んだりもした。
それでもなんだかんだ1年続いている。
きっと僕が1年続けられるんだから、良い職場なんだと思う。
七原くんの放送を見ると、自分の職場って全然マシなんだってよく思っていた。

 

それでも、今の仕事は辞める。

 

なんというか、もう疲れた。
もう何もかもが面倒くさくて仕方がない。
早く全てから解放されたい。

 

もう週4とか週5で会社に行くだけで精一杯。
「それじゃどこにも勤まらんぞ」と言われるかもしれない。
でも、その通りだと思う。
どんな会社でも勤まる気はなしない。

 

もしニートになったとして、お金が無くなったとしよう。
そうしたら今より楽な仕事は見つからないと思う。
だから少し、名残惜しい気持ちにもなる。

 

今の労働環境は、昔体験してきたものより生温い。
それでも、今の自分にとっては地獄のように感じる。

 

なんだろうなこれ・・・。
本来、生温いと感じたなら長居したくなるはずなのに・・・。
ぬるま湯に浸かることすら、億劫になってしまったのかな。
なんか、自分自身が退化したような気がする。

 

仕事辞めるまで、後42日・・・。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました