仕事辞めるまで後28日 糖質制限を1ヵ月やった結果【まとめ】

仕事辞めるまで残り92日

 

もう1ヵ月前だけど・・・。
糖質制限のまとめの記事が下書きにあったのでアップします。
11月3日~12月3日の30日間の話です・・・。

 

仕事を辞めるまで後80日 ゴミみたいな生活から抜け出すために糖質制限はじめました
お疲れ様です。 むのーのむのです。 昨日と今日はもうダメダメでした。 電車もいつもより遅いギリギリのやつに乗って出社しました。 ブログも昨日...
仕事辞めるまで後79日 久しぶりの休日と糖質制限の結果
すみません。 これは昨日分の記事です。 昨日は夜早めに落ちてしまいました・・・。 とうとうこの仕事辞めるカウントも80を切りました。 10の...

 

 

「炭水化物を食べない」という糖質制限を一ヵ月やりました。
白米、麺、パン、甘いモノ系を一切食べてないという感じです。
その代わり、お肉は食べ放題です!!!
そんな感じの食生活で、自分の体調は良くなるのでしょうか・・・?
とりあえず試してみた結果がこちらです。

1.自分がやった糖質制限について

 

ちなみに食事内容は、
朝はチーズ1つor調整豆乳150ml、
昼はナッツ60~94g、
夜は鶏肉500g or 鶏肉250g+豆腐300g。
寝る前に無調整豆乳200g

 

糖質は多くても朝に10g、昼に15g、夜に15gです。
調味料は計算に入れてません。
基本的には1日で30gに収まるようにしていました。
とは言え、たまに40gくらいになってる時もありました・・。

 

基本上記以外は、ほとんど食べておりません。
強いていうなら、卵ともやしかな・・・?

 

ちなみに、鶏肉は基本的にレンチンです。
味噌とニンニクを溶かした水にお肉を付けたり、
トマト缶+コンソメにお肉を漬けたりしました。
その上にチーズをのせたりです・・・。

 

そして、1ヵ月の間にチートデイを2日挟みました。
チートデイというのは何でも食べて良い日です!
2日とも、甘いモノ+カレーを食べましたね。
割とストイックにやったと思います。

 

 

2.糖質制限の効果

糖質制限で得られた効果を一つ一つ確認していこうと思います。

 

2-1.糖質制限すると、寝起きが良くなる!?

糖質制限をすると、聞いていた通り寝起きが良くなりました。
睡眠時間も少し短くなったように感じます。
しかし体感できたのは最初の一週間くらいだけ・・・。
2~3日目が一番分かりやすかったですね。

 

2週間目以降は、もういつもと変わらずでした。
身体が慣れてきてしまったのでしょうか・・・。
最近のは普通に朝、眠すぎ状態です。

 

結果としては・・・

最初の一週間だけで寝起きが良くなる!!

 

 

2-2.糖質制限すると、身体がだるくなる!?

僕の場合、糖質制限をしたら身体はだるくなったかもです。
正確には、身体がふわふわします。
脳がぽけーっとするというか・・・。
説明するのが難しいです。

 

ただ糖質制限というか、お昼ご飯がナッツ100g以下なので、
お昼以降は全く眠くなりませんでした。

 

しかし、だからといって業務にめちゃくちゃ集中できた訳ではありません。
かといってご飯を食べれば、120%業務に打ち込めるタイプでもありません。
糖質制限によって、業務の効率が上がったかどうかは微妙です。
後、夕方17時ごろは空腹でやべぇです。
これは最後まで慣れませんでした・・・。

 

また、2日間ほど身体が動かなくなった日がありました。
正確に言うと、寝た状態で身体が動かない感じです。
休みの日だったんで良かったんですがね。
あれは驚きました・・・。
糖質制限のせいなのか分かりませんが・・・。

 

糖質制限をすると、身体が軽くなと言うか、フワフワします。
これは僕に糖質制限を進めてくれた先輩も言っていたので、
もし体験してみたければ糖質制限をやってみてください。(笑)

 

 

2-3.糖質制限すると、満腹になりやすくなる!?

これはマジですね。
恐らく、糖質制限をすると食べる量が減ります。

 

なんか普通にご飯を食べていると、ご飯を食べている最中に「もっと食べたい」って思うんですよね。
お腹を十二分に満たしたくなるというか・・・。

 

ただ糖質制限の食事だと、最初がピークで段々食欲がなくなってきます。
腹8分目くらいで、食べるのが怠くなりますね・・・。
もういいかなってなります。
あんまりお金かけたおいしいものを食べていなかったのもあるかもしれませんが・・・。
だから1度の食事で食べる量が減りましたね。

 

「満腹になりやすくなる」というより、
「量を少し減らしても満足できるようになる」という表現が正しいですかね。

 

 

2-4.糖質制限をすると、ある時に脳がジュワッとする!?

糖質制限をしていると、脳内麻薬が発生する時があります・・・。

 

それは、生クリームを摂取した時です。

 

まじでヤバイです。
味覚ではなくて、脳から何か出ます。
脳が「これを求めてたんだ!!」っていう信号を発信しているような気がします。

 

ニートの時に断食を趣味でやったことがあります。
断食後にバナナを食った時と同じ感じでした。
凄い分かりにくいですかね。
すみません。

 

ただこれはチートデイの時しかできません。
生クリームは糖質の塊ですのね・・・。
月2回チートデイをやりましたが、2日ともバッチリ決まりましたね。

 

ぜひ、これを体感して頂きたいです。
ばちくそ快感なので!
断食バナナでも可能です( ・´ー・`)

 

 

2-4.糖質制限の総評

糖質制限をすると間違いなく痩せると思います。
まず炭水化物なしで、カロリーを摂取するのが大変です。
常に、カロリー不足に気を付けていました。

 

後お金が掛かります。
炭水化物抜きでお腹を満たすにはお金が掛かります。
僕はお財布事情も気にしていたので、
いつも2kgで650円のブラジル産鶏もも肉を食べていました。

 

体調は総合的に見て、それほど良くなりませんでした。
これを一番の目的だったんですがね。
少なくともお金をかけてやるほどの効果は得られませんでした。

 

だから人には、糖質制限を進めないかな・・・。

 

 

3.一ヵ月の糖質制限を終えて

正直あまり良い結果になりませんでした。
ただ食生活について、色々と考え直す良い経験になりました。

 

糖質制限で一つ気づいたことは、「食べ過ぎはよくない」という事です。
これは当たり前なんですがね・・・。
多くの人が、本来摂取すべき量より多くの量を食べていると思うんですよね。
だから体重も増えるし、眠くなるんだと思います。

 

なので、自分は満腹までご飯を食べるのは辞めようと思います。
節約にもなりますし、余分な食事の消化もしなくてすむので省エネにも繋がる気がします。
これは、本当に糖質制限をしないと実感出来ませんでしたね。

 

もう一つ気づいた事がありまして、それは「食は睡眠の質に大きく関わる」という事です。
今回はそもそもの昼食の量が少なかったのもあり、マジで昼に眠くなりませんでした。
また、朝はいつも通り怠いままでしたが、毎朝会社にはいけました。
これは糖質制限のおかげなのか・・・?

 

正直、チートデイの次の日の朝の寝起きはやばいです。
やはり、食が睡眠の質に大きく関わっているのだと思います。
夜ご飯はいっぱい食べた方が良く眠れるんですがね。
ただご飯を食べると寝つきは良いが、寝起きが悪くなります。
ご飯の食べる量を減らせば、その逆です。

 

 

自分はもう糖質制限を終えますが、食生活を改善しようと思います。
①満腹までご飯たべない。
②夜は糖質をとらない。

 

これでいこうと思います。
多分、これで身体のフワフワも無くなると思います。
そして夜は逆に糖質を取ることが怖くなってしまいました・・・。
これでしっかり朝おきられれば良いんですが・・・。

 

夜だけ糖質制限みたいな形になりましたね。
これによって、朝とお昼はしっかり糖で頭を動かし、
夜は糖質を抜く事で、しっかり眠れて寝起きも良くなれば完璧ですね。
しばらくこの生活リズムを作ろうと思います( ・´ー・`)b

 

他にオススメの生活リズム等あれば教えてださい・・・。
ほいでは、また。

 

仕事辞めるまで、後28日・・・。

 

コメント

  1.   より:

    >生クリームは糖質の塊
    生クリームは糖質ほぼ無いんだけど、ホイップクリームか製菓用の加糖された何かを飲んだ??
    でもまとめ方が凄いまともで良い。極端は良くないね。

    最初はカウントダウン見ててめっちゃ先やんと思ってたけど、もうあと一ヶ月もないんやなぁ。

    • むの より:

      生クリームに糖質ないんですか・・・Orz
      生クリームというよりホイップクリームですね・・・。
      書き方が間違っていました。
      シュークリムやショートケーキを食べた時ですね!

      これは僕に糖質制限をオススメした先輩もそうなるといっていたので間違いないと思います。
      一説によると、この糖質制限も身体にいいと聞きますがね・・・。
      僕的には極端にやるのは良くないと思います・・・。

      そうですね。
      僕的には長かったですけど()
      今日、会社を辞める話をしてきたのでまた記事にします・・・。

  2. めがね より:

     糖質制限の記事を読みました。

     私も糖質制限をしています。私の場合は、炭水化物を制限しているわけでは無いです。

     炭水化物とは糖質と食物繊維を含む食品の事です。つまり野菜も炭水化物ですし、糖質がほとんど含まれないキノコ類も、ほぼ糖質のみの白米も炭水化物です。炭水化物=糖質と一括りに出来ない、ある意味、厄介な分類です。

     そして、体に良くない食材、食べるのを止めた食材は、人工的に精製された食品です。精製された白砂糖、精白された白米、精白製粉された小麦粉です。白砂糖(お菓子、清涼飲料などジュース類)、白米、小麦粉食品(パン類、パスタ、うどん等の麺類)などです。精製された食品類を食べると、短時間で一気に消化吸収され、血糖値が急上昇します。これが体によくありません。 

     ただ、炭水化物は体に必要でもあります。それは自然由来の食材です。根菜類、ジャガイモ、サツマイモ等のイモ類、野菜全般。これらに含まれる糖質は、白米にくらべとても少なく、また食物繊維が豊富で消化吸収に時間がかかり、血糖値が上がりません。さらに食物繊維、ビタミン、ミネラル等、様々な栄養素を持っています。これが必須です。

     糖質を制限するというよりは、血糖値を急上昇させないこと、これが健康に良いそうです。

     あと、必須の食材といえば、果物、果実類です。

     果物、果実類の糖質は果糖(フルクトース)と言って、砂糖や穀物類(小麦粉、白米等)の糖質(グルコース)と種類が違います。果糖(フルクトース)は肝臓で処理される糖なので、血糖値を上げません。つまり、いくら食べても、食べ過ぎても、絶対に肥満になりません。つまり血糖値をあげません。だから、絶対に糖尿病など成人病にもつながりません。完全に体に良い、完全フードなのです。

     糖質制限で砂糖、白米、小麦粉を止めるなら、毎日食べるべき食品が果物です。バナナなど、毎食1本食べてもいいほどです。これらの果糖は体に無害で、エネルギーにも栄養にもなる。私は朝晩必ず一本バナナを食べています。

     糖質制限が何故体に良いと言われるかというと、それは精製された砂糖類を止めるからです。血糖値を急上昇させること、これが体のホルモンバランスを崩し、体にとって非常に悪い。

    。そして現代の食品は、ほとんど全てに砂糖が使われ、かつパンや麺類、白米など、糖質の塊を主食としていて、常に高血糖の状態に陥る可能性があります。この高血糖状態、これがさらに体悪い。

     高血糖状態は実は人体にとっては有害で、だから私たちの体は、血糖値を下げるため、膵臓からインスリンを大量に分泌して、一気に吸収しようとするのです。そしてそれが皮下脂肪になり肥満の原因となります。そして、あまりにも高血糖状態が長期にわたると、インスリンの分泌も限界を迎え、ホルモンバランスが長期にわたって崩れ、体に変調をきたすのです。そしてゆくゆくは、糖尿病などの成人病に罹患します。

     普段の生活で、寝起きが悪くなるや、たまに偏頭痛がある、肩こり、腰痛、などなど、様々な不調の原因は全て、常日頃から高血糖状態に陥っていて、体の生理学的なバランスが崩れているからです。

     自然界に存在する食材をそのまま食べるのであれば、血糖値は急上昇しません。これは人類の狩猟採取時代からの、2万年の進化の過程で出来上がった人体のシステムです。

     肉類(卵、海産物)と野菜(キノコも根菜も葉物も全部ok)を買って調理し食べる。
     あと果物。これで自然な食となります。あと玄米なら、白米と違い食物繊維を含んでいますので、お茶碗半分ぐらい、一日一膳ならいいと思います。

     私は肉と野菜を、例えば回鍋肉などの肉野菜炒めにして主食とし、白米の変わりに、毎食ふかしたジャガイモやサツマイモを食べています。そしてデザートとして果物です。ただ、てんぷらやとんかつに使う小麦粉は気にせず食べています。餃子やシュウマイ、春巻きなども、麺類やパンに比べれば、微々たるものとして、です。

     ただ、作られた冷凍フライ等の冷凍食品は極力食べないようにし、スーパーやコンビニのお惣菜類、弁当、あとコンビニで売っているような食品類、甘いお菓子以外でもポテトチップスなども、全部止めました。人工的に作られたものは全て、砂糖や化学薬品が使われていますので。

     冬場は寒いのでカロリーを必要とし、気を抜くとすぐ体重が減ってしまうので、体重維持が大変です。バナナとサツマイモを沢山食べて、体重維持に努めています。自然界で狩猟採取で生き抜くのは大変という事でしょうか。夏は平気ですが。

     私は、動物園の動物に人間の食品を与えないでくださいという注意書き、これは実は人間にも当てはまると考えています。何故なら、人間も自然界のいち動物にすぎないのですから。人体の中身、生理学的には、チンパンジーと変わらないのですから。

     私はこんな食生活を2年以上続けていますが、もう一度も体調不良もありませんし風邪もひきません。薬も一錠も飲む必要も無くなりました。肩こりや腰痛、花粉症も自然と無くなりました。寝つきも寝起きも、ずっと良好です。

     一応ご参考にと思い、書かせていただきました。とても長くてすみませんでした。

     

    • むの より:

      糖質制限ガチ勢ですね!
      結構、糖質制限分からない人向けにイメージしやすいように書いてしまいました。

      確かに、炭水化物⊃糖質ですね。
      炭水化物は大体、食物繊維と糖質に分けられますが、この記事では「炭水化物≒糖質」でイメージして頂ければ幸いです。

      おっしゃる通りキノコや、乾燥ワカメも炭水化物ですが、糖質がかなり少ないので食べたりしてました!!
      ただ野菜は糖質を多く含むものが多いですね・・・・。
      例えば、イモは100gあたり約30gが糖質で、基本根菜は糖質が多いと思います。
      1日糖質30gの制限という基準で考えるとですが・・・。

      同様な感じでキャベツや玉ねぎも食べませんでした。
      レタスはOKでしたが、高かったので・・・(笑)

      果物も基本的には糖質が多いので、何も食べませんでした。

      僕はとりあえず「糖質を取らない」という極端な生活をやりました。
      結果的には、記事通りあんまり健康的には良くなさそうな所感です。
      ただ肉食べ放題でも間違いなく痩せるので、ダイエットにはオススメですね(笑)

      友人も一緒にこの糖質制限をやったのですが、コレステロール値がッグと上がったみたいです。
      後、僕と同じく痩せたみたいです。
      異常値ではありませんが、多分続けていたら色々と偏るかもです・・・。

      僕はメガネさんのように糖質の「質」まで考えてやっていませんでしたね。
      確かに、パンや米類の糖質と野菜や果物の糖質では「質」が違うと聞きますね・・・・。

      「果物ダイエット」は知人が昔試したのですが、痩せませんでした(笑)
      やっぱり糖の影響かなとも思うんですけど、どうなんですかね・・・。

      でも、メガネさんの食生活はかなり良さそうですね!
      僕も極端な糖質制限は反対派なので・・・・。
      かなり勉強になります。

      貧乏な人に不健康な感じで太っている人が多いイメージですが、
      それは安いタンパク質(パン、米、麵類など)ばかり摂取しているからですかね・・・。
      そんな事も考えてしまいます。

      とはいえ、「糖質制限」自体の歴史がかなり浅いです。
      だから本当の意味で正確な情報って出ていない可能性もありますし、どの情報が正しいのか判断に難しい印象です。

      そんな中、個人差はあると思いますが、経験談はかなり参考になります!
      しかも2年も継続しているのはすごいですね・・・b

      多分、この記事に辿り着いた人の多くも参考になっていると思います!
      貴重なご意見ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました